アゼ長押掛 座敷すだれの金具

アゼ長押掛

http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000152/


日本人が初めて見てもよくわからないと思う座敷すだれの金具。

外国人が見れば尚わからないことでしょう。


もし、家にポツンと置いてあっても、これが一体何のか疑問を持つような特殊な金具。


そんなヘンテコなんだけどなくてはならない金具の一つ、「アゼ長押掛」を紹介してみます。






鴨居って聞いたことがあるけど家にはないな、、、、という部屋もあります。

和室には鴨居がつきものですが、全部の部屋にあるわけではなくなっています。


現代風和室だと洋間と和室を足して2で割ったようなところもありますね。



鴨居なんて普段ジロジロみるところでもないし、構造がどうなっているかも興味がないと思います。


まぁ、一度自宅の鴨居をじっくり見てみて下さい。


大工さんが、ここに簾を掛けるんだぞ、と暗示しています。




っで、この金具は特殊中の特殊で、凹凸にかませる。


こんなところに何故必要?と思うのは早合点です。



真下になきゃならない時もある。



こういうものは座敷すだれを使うときしか使わないかな。


なんだかわからんという場合には手を出さない方がいいかもしれません。




アゼ長押掛




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

お座敷すだれの房の紐の結び方

座敷すだれがカビていたらどうするのか?

座敷すだれを生かすも殺すも金具次第って部分は否めない