投稿

10月, 2015の投稿を表示しています

神前御簾 床の間・天袋など神棚の前に掛けるすだれ

イメージ
新大和すだれ(赤色・緑色)テトロン縁 幅60cm以下・高さ90cm以下http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000506/

年末が近づいてきたせいかもしれませんが、神前御簾の注文が増えてきました。

半月ぐらい掛かりますので、これから作ってみようかと考えている人がいましたら、実際に掛けたい日などを考慮してください。

使用日が直前の場合には、場合によって注文を受けられません。


床の間や天袋に掛けておきたいということが多いですね。

家庭で使用する場合には、ベストポジション。


棚板を使わないで神棚を祭る人達が増えてきたせいもあるかもしれませんが、場所の有効利用でしょうかね。

神棚を祭っておくには空き空間としては大きさなどもちょうどいい。


特に、床の間に神棚を祭りたい人がとても増えてきて、八足台を使ってみたりして、見栄えもよく祭りたいわけですが、そのときに手前には神前御簾を掛けておく。


普段は巻き上げてガギに引っ掛けておけば済む。

和室なので人が集まったときには、御簾を下げておく。

そういう使い方でしょうかね。





縁の色は選んでもらっています、「赤色」「緑色」のどちらか。

神前の場合には「黄色染め」をするのが一般的ですが、家庭の和室の場合には必ずしも染める必要はありません。

近くに仏壇などがあることも多いので、部屋のバランスとして「自然色」のままでも結構です。

そして縁の素材は「正絹」は本式ですが、家庭なら「テトロン」で十分。

あとは「幅と下がり」の寸法を連絡してくれれば作ります。




おまかせ工房では神前御簾、仏前御簾は頻繁に注文があるので難しい話は一切ないですね。


ただ、納期です、半月ぐらいかかるので、そのぐらいの余裕を持って注文してください。




新大和すだれ(赤色・緑色)テトロン縁 幅60cm以下・高さ90cm以下
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000506/




興味のある方は是非ご覧ください。

軒下すだれにしておくのはもったいない お座敷すだれNo.3

イメージ
軒下すだれにしておくのはもったいない お座敷すだれNo.3http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000138/

おまかせ工房で作っている座敷すだれの中で一番安いものを紹介してみます。

安いと言っても悪いものはないので、まぁ、それは前置きとして書いておきたい。


ところで、軒下にすだれを掛けたいけど、安っぽいのは嫌だということで、座敷すだれを選ぶ人はまずいません。

雨に打たれるような場所では、座敷すだれは使わないでください。


雨に濡れないのあれば可能です、どんどん使ってください。


軒下って言っても、いろいろな軒があるんですよね、一メートルぐらい出ている軒もあれば、10センチぐらいの軒もある。


ともかく、濡れないのであれば座敷すだれは掛けておいてもいいでしょう。



天津すだれなどとは全く違う雰囲気がありますよ。







このすだれ・・・サイズオーダーはできません。

幅88cm下がり172cmの寸法だけ。


商品ページには詳細画像を掲載しているますので、細かい部分はそちらを見てください。



このNo.3の座敷すだれは、一応、表面と裏面と大差がありませんが、黒竹には表と裏があります。

だいたい、日除けなどに利用している場合には、片面だけ日に焼けてしまうので、裏面が綺麗なままということが多いです。

もし、もしですよ、、、、黒竹の表裏を気にしないのであれば、、、両面使ってください。

そうやって経済的に綺麗に使っている人が多いんですよね。





軒下すだれにしておくのはもったいない お座敷すだれNo.3
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000138/



興味のある方は是非ご覧ください。