投稿

4月, 2016の投稿を表示しています

神宮などで使う御簾 神前御簾を使ってみよう

イメージ
神前御簾 神宮で使うすだれ 幅90cm下がり180cmhttp://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000506/

使ってみたいんだけどな~ 高いな~ と思っている人もいるかと思います。

神宮など業務で使う場合には「正絹縁」を使いますが、家庭などで使う場合には「テトロン縁」が扱いやすいと思います。


正絹縁はとても高価なもの。


正絹縁仕様とテトロン縁仕様で縁以外には違いはありません。





店長ブログでは個人の利用者向けに紹介をしていきます。


赤色の縁がいいのか?緑色の縁がいいのか?と聞かれることがとても多くて、それを決めるのは使う人の役目ですが、それでも悩んじゃうんだよぁ~ ってこともある。


神社の場合では竹ひごを黄色に染めることがほとんど、「黄色染め」。

仏閣の場合には染めないでそのままの竹ひごを使うのが基本。



だから、神前御簾でもあり仏前御簾でもあるわけです。


問題は・・・・・縁の色・・・・・ん~どっちがいいんだろう~となる。






赤色だと一発で、ここは神仏の部屋、神仏のためのすだれってわかりますね。


緑色だと、随分シャレたすだれを掛けているなぁ~と思う人もいるかもしれない。


黄色に竹ひごを染めたら、これも一発でわかる。



掛ける場所次第かな~と思います。



神社でも本殿の拝殿周りで赤色もあれば緑色もあるので、話の行き着くところは使う人が決めることっていうことですね。



神前御簾 神宮で使うすだれ 幅90cm下がり180cm
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000506/




興味のある方は是非ご覧ください。

噛まして吊り下げるための専用金具 アゼ長押

イメージ
噛まして吊り下げるための専用金具 アゼ長押 http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000152/

お座敷すだれの金具の中で最も使われることがない特殊な金具がこれ。


見ただけでは何だかわからないと思います。

ということで下の図をみてください、使うべき場所が限られている。



だいたい、鴨居の真下から下げないといけない環境って・・・・普通は前側か後ろ側からですね。


でも、こういう金具が昔からある。


いや、これでないと困る・・・・という特殊事情の部屋。




引っ掛け部分に御簾の丸カンを掛けます。





何か他の方法で代用できるような金具もありそうですが、座敷簾のときには専用品を使う。

少なからず銀色の金具は合いませんので、やはり焼き付け塗装をしているものを使った方がいいと思います。






お座敷すだれ専用金具 アゼ長押掛【左右1組セット】
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000152/






興味のある方は是非ご覧下さい。