投稿

クネクネさせないで一発で決めてください 延長押掛の使い方

イメージ
長押 なげし 延長押掛の使い方 https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000152/

使い慣れないものってその扱い方がいまひとつわからないこともあって、でも経験的にほぼみんな見ればわかるものでも失敗をしてしまう。

金属と言ってもいろいろあるけど、座敷すだれをかけるときに使う長押という引っ掛け部品がある。

この金具は折り曲げて使う機会が多いもので、曲げるときには一発で決めてください。


金属棒をクネクネと曲げたり戻したりしていると折れるでしょう、だから、それはしない。

こういう経験があるないっていうのも重要なんだけど、まぁ、説明もいらないのかもしれないけどさ。


それと、直角すぎる直角というか、真直角にならなくていいんだ。

軽く曲げる、そして鴨居に引っ掛ける・・・・ただそれだけのことです。








長押 なげし 延長押掛の使い方
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000152/




興味のある方は是非ご覧ください。

座敷すだれの修理 金具の取替 そして自作をやってみよう

イメージ
お座敷すだれの房とカギと留め金具
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000548/

稀に座敷すだれの修理の問い合わせがありますが、自社製品以外はできません。

理由としてはそれぞれが違う、作り方にもいろいろあるなどのこともありますが、作業中に破損してしまったときの換えがないというのも理由です。

たぶん、どこの作業場も自社製品以外は修理修繕できないのではないでしょうかね。

それとこういうものは物持ちしますので、大昔に買ったとこおが今はやっていない、ということもあるかもしれない。

修理修繕に至って言うなら、それをするなら新しく買ったほうがいい場合のほうが多いと思います。



それとは別に自作を楽しんでいる人もいると思う。

お座敷すだれは自作をする人が若干ですがいます、決して簡単ではありませんが、こういうものを作ってみたくなる。

そのときパーツだけは自作ができないことが多いですね。

房、カギ、留め金具。

これがあればなんとか出来るのではないでしょうか。


それと錆びてきたりしたら交換もできます、部品の交換は簡単なのでこれは各人で行えます。



お座敷すだれの房とカギと留め金具
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000548/





興味のある方は是非ご覧ください。

座敷すだれを生かすも殺すも金具次第って部分は否めない

イメージ
国産金具を使おう 長押を使おう https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000152/

センスがイイねと言われるものの多くは、どうだ、どうだ、と前面に押し出してこない。

チラッと見え隠れしたときに人の何かをコソコソくすぐる。

お座敷すだれの醍醐味はその竹ひごの美しさなんだけど、それと同時に金具の洗練させた何かをくすぐられる。

だから、釘で留めてしまうのは避けて欲しいわけです。


せっかく座敷すだれの専用長押というものがあるので・・・・でも釘に比べるとはるかに・・・・高い。


こういう金具も手作りなんだけど、年々、彫金師が減ってきてこういう伝統工芸の維持もままならないんです。



外国製の金具は安いんだけどなんだか違うんだよね。
だから日本製を使いましょうよ。

座敷すだれのワンポイントを専用金具が見え隠れするから全体のバランスが引き立ちます。



日本製の座敷すだれの金具
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000152/




興味のある方は是非ご覧ください。

無駄だよね もったいない でもそうするんだ 日除けの座敷すだれNo.3

イメージ
お座敷すだれNo.3 幅88cm下がり172cm このワンサイズのみ https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000138/

強い日差しが和室に入るとあっという間に畳から緑色が消えて、どんどん黄色くなっていきます。

紫外線だね、これは家具も痛めつけてしまう。

そのため和室は障子でしめきっていたりするんだけど、外の空気を入れないとね、それに春から秋にかけては障子は開けておきたいかもしれない。


日差し対策としての座敷すだれというものがって、このNo.3だけです。

他の座敷すだれを日除け、西日対策で使う人はいない。

おそらくワンシーズンをしっかり使えば裏面はかなり日焼けしていると思う。


言い方を変えると、それだけ役に立つということです。

和室の雰囲気を壊さずに日除けをするときにはNo.3を使います。




ただ、とても贅沢な日除けになる。




お座敷すだれNo.3 幅88cm下がり172cm このワンサイズのみ
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000138/



興味のある方は是非ご覧ください。

上から下まで節を揃えて作る座敷すだれ

イメージ
四分布二つ節通り節四方縁菊房宜徳平かぎ付 No.6  https://item.rakuten.co.jp/omakase/sudare06/

おまかせ工房の座敷すだれの中では圧倒的に人気の高いものとしてNo.4があります。

次にくるのがこのNo.6、No.7です。

今回はそのなかのNo.6のご紹介。


竹の節を二箇所で揃えているところが一番わかやすいはず。

その他、竹の太さ、使う金具なども違いますが、見た目ではやはり節ですね。


上から下まで節が縦に走っているように作る。

竹合わせも必要ですので、こういう御簾は高くなる。

しかし、掛けた時の美しさはなんとも言えませんよ。




ほぼ座敷すだれの注文はサイズオーダーがほとんどです。

横幅はしっかり測っておいてください、下がりについては下が空いても気にしない。

座敷すだれに限らず、すだれっていいうのは下が空くものです。

その方が部屋の圧迫感が消える。

10cmぐらいは空いていてもおかしくないので、真下まで垂れ下げた採寸は避けて少し空けた短めで作っておくと実際に使う時には使いやすいです。




四分布二つ節通り節四方縁菊房宜徳平かぎ付 No.6
https://item.rakuten.co.jp/omakase/sudare06/



興味のある方は是非ご覧ください。

お座敷すだれの醍醐味は竹の節と細さと繊細さ

イメージ
お座敷すだれの専門店 https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000101/

サイズが同じなのに価格違う・・・こういうことはよくあるわけですが、慣れ親しんだものであればその差も自ずとわかりますね。

しかし、座敷すだれって普段から見聞するようなものじゃない・・・と思う。

違うがるようだけど、何が違うのかわからないことのほうが多いと思います。


ザックリ言うと、、、、手をどれだけ掛けられるか? ということになる。

おまかせ工房でも、この作業ができるようになるには何年ぐらいかかるというラインがある。

技術料かもしれない。


ともかくこのような手工業品は手がかかる。

作ってみるとわかりますが、全然、前に進めない工程などがあるんです。

面倒というか、手間というか、でも端折れない。


だから、掛けた時に何とも言えない空間ができるわけだ。



価格の見方としては、値段が上がれば上がるほど繊細です、これは画像だけでもわかる。

とはいうものの、みなさん予算があって選ぶことが多いので、おまかせ工房ではNO.4が最も売れている座敷すだれになります。



おまかせ工房 お座敷すだれの専門店
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000101/




興味のある方は是非ご覧ください。

自作してみよう 自分で製作や修理や取替をしてみよう 座敷すだれ

イメージ
座敷すだれの房と鈎と留め金具と専用長押 https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000101/

やれるもんならやってみな! っていうのは一昔前に流行ったフレーズのような気もしますが、難しいことはなので、金具の取替ぐらいならできますよ。

でも、竹ひごから製作するとなると一夜漬けでは無理だし、おまかせ工房でも一人前となって仕事を任せられるまで何年もかかります。

でも、出来上がった座敷すだれの房鈎交換などはそれほど難しい話でもないし、長押の交換はもっと簡単です。

そのため部品だけでも販売をしているので、古くなっていたり、錆びていたり、時には壊れていたりしたら使ってみてください。



長押は使う場所によって何種類かに分かれます。

カッコイ金具を使いたくても場所に合っていないと使えません。


房と鈎は種類があります。

良いすだれになればなるほど金具もいいものを使います。





この金具はほぼ一発勝負で決めて欲しいですね。

金属をペキペキと曲げ伸ばしをしないで、一発で決める。

難しくはないけど、ともかく一発です。


それぞれの細かいことは商品ページに記載をしています。


座敷すだれの房と鈎と留め金具と専用長押
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000101/




興味のある方は是非ご覧ください。