投稿

長押と書いて「なげし」と読みます 座敷では欠かせない留め金具

イメージ
座敷すだれで使う長押(なげし)一覧https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000152/

初耳の人もいるかと思いますが「なげし」というものは、和室ではよく使われる引っ掛ける道具です。

座敷すだれがある家庭であればこの言葉はよく耳にしていると思います、「なげし」がないと始まらないというぐらい大事なもの。

座敷すだれを留める際、クギを使うことはありません、必ず専用の金具を使います、それが「なげし」と言われるもの。


ただ、座敷すだれの場合には使える場所と使いたい金具のミスマッチが起こることがあって、鴨居の形次第で決定していまいます。

そのため、使いたい金具を使うために鴨居の形を変えてしまうこともしばしば起きる。

このような職人の作った金具を使いたいわけです。



鴨居って何? という場合にはまずは調べてから考えください。

薄板を別途貼り付けてから、この金具を使う家庭もあるし、鴨居の形、大きさがいろいろあるので、そこら辺は大工さんの仕事になるかな。


座敷すだれで使う長押(なげし)一覧

https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000152/



興味のある方は是非ご覧ください。

神道祭壇、祖霊舎、神徒壇で使う神前御簾

イメージ
神道祭壇、祖霊舎、神徒壇で使う神前御簾 https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000546/

まず、神前御簾にもいくつかありまして、今回のものは小さな神前御簾になります。

使う場所は祭壇。

祭壇内部に留めておく小型の神前御簾。


床の間、部屋の中などに使う大型の神前御簾はこちらです。



こちらの商品は祖霊舎、神徒壇用の御簾になります。
後から御簾を取り付けたい方、古くなった御簾を取り替えたい方向けのものです。

サイズは
【約幅72cm・下がり15cm】・・・【幅2.4尺・下がり5寸】
【約幅68cm・下がり15cm】・・・【幅2.28尺・下がり5寸】
【約幅65cm・下がり15cm】・・・【幅2.17尺・下がり5寸】
【約幅63cm・下がり15cm】・・・【幅2.11尺・下がり5寸】
【約幅60cm・下がり15cm】・・・【幅2尺・下がり5寸】
【約幅54cm・下がり15cm】・・・【幅1.8尺・下がり5寸】
【約幅43cm・下がり15cm】・・・【幅1.44尺・下がり5寸】
【約幅54cm・下がり12cm】・・・【幅1.8尺・下がり4寸】
 【約幅43cm・下がり12cm】・・・【幅1.44尺・下がり4寸】

これらサイズは当店の祖霊舎・神徒壇に合わせた大きさになっていますが、他店の製品でもサイズが近ければ取り付けることはできます。

上記以外のサイズにつきましては神前御簾になりますので、コチラをご覧ください。





神道祭壇、祖霊舎、神徒壇で使う神前御簾
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000546/



興味のある方は是非ご覧ください。

座敷すだれの金具が錆びていたら交換できます

イメージ
座敷すだれの吊りカン https://item.rakuten.co.jp/omakase/tomekanagu_sudare/

久しぶりに座敷すだれを取り出してみたら、引っ掛ける部分のカンがサビついていたなんてことがあったら、それは交換することができます。

交換は至って簡単で取り替えるだけ、手順などは商品ページに記載してあるので見てください。

普通は出して使っているなら錆びることはないと思いますが、しまって湿気が多いとなるかもしれない。

ヤスリで削ってしまうのもダメ、錆取りにつけてもダメ。

この部品は交換しかないかな。


なかなか街中で探してもないと思います。

金属ですがクネクネなんども曲げたり伸ばしたりしていると折れてしまうので、一発勝負ぐらいの気持ちで取り替えてください。


座敷すだれの吊りカン
https://item.rakuten.co.jp/omakase/tomekanagu_sudare/



興味のある方は是非ご覧ください。

座敷すだれを作るには2週間ぐらいかかります

イメージ
お座敷すだれの製作販売 https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000101/

そろそろ時期的にも暖かくなってくることもあって、春先から座敷すだれを使いたい人たちは出す頃だと思います。

また、新しく座敷すだれを作ってみようかと考えている場合には是非、おまかせ工房でお願います。。。

ところで、座敷すだれというのは事前に作ってあるものはありませんので、基準寸法の幅88cm下がり172cmの代表的な寸法のものも受注製作になります。

ほぼ100%がサイズオーダーになるので、作るのに2週間ぐらいはかかると思っていてください。

そのため、、、今すぐに、、、ということができません。



だいたいそんな急に必要になるようなものでもないと思いますが、法事などの予定があるようなご家庭の場合にはそのときどうしても使いたいこともあるようです。

まぁ、時間がかかるものなので予定を持って注文をしてください。



お座敷すだれの製作
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000101/



興味のある方は是非ご覧ください。

神棚に彩りを加える御簾 扉に取り付けます

イメージ
神棚向けの扉用すだれ 大中小 サイズオーダーもできます https://item.rakuten.co.jp/omakase/misu5567/

おそらくこの扉御簾を取り付けようとする場合には、扉を開けた状態で神札を収めている場合が多いと思います。
御札が丸見えというのも実際の神社などでは扉の向こう側に御神体があるので見かけませんが、 手前にすだれが掛けてあることもありますね。

まぁ、そのようなことより、何か彩りが欲しいときがあります。
神前は一般に色目が少ない、キラキラしていません。

真榊を置いてみるのも彩りが増えますし、金幣芯を置いてみると少しは金色が映えるかなと思います、そして、扉にはすだれ。


ほとんどの場合、この3つのサイズで合うと思いますが、サイズオーダーでも作っています、サイズオーダーの場合には別途見積ということになりますが、既成寸法より少し割高になります。




神棚向けの扉用すだれ 大中小 サイズオーダーもできます
https://item.rakuten.co.jp/omakase/misu5567/


興味のある方は是非ご覧ください。

座敷すだれの保管方法 乾燥剤を入れておこう

イメージ
お座敷すだれ https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000101/

年末年始に座敷すだれを出してそのあとしまった、、、という家庭もあることでしょう。

しまうときにシリカゲル(乾燥剤)をいれておくといいです。

カビづらくなる。


しまう場所は押入れが多いかと思いますので、どうしてもカビやすい場所。

袋の中に乾燥剤を忍ばせておくと次回開封時にはいい状態で使えると思います。



10cm角ぐらいの乾燥剤で十分でしょう。

小さな粒の乾燥剤より白いシリカゲルそのものの乾燥剤のほうがいいかもしれない。




お座敷すだれ
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000101/




興味のある方は是非ご覧ください。

年末年始は座敷すだれを出しておこう

イメージ
座敷すだれの専門店 おまかせ工房 https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000101/

お座敷すだれは一年中掛けておけるものですが、さすがに寒い時期は使わないということもあるかと思います。

商売でもしていると一年中なんですけどね。

でも年末年始は出してかけておくという家庭もあります。


雪景色という地域に住んでいると、、、やはり少ないかな。

まぁ。日本も広いのでいろいろな窓光景がありますよね。



ガラス窓だったらこりゃキマリます、カッコイイ。

これなら雪景色で一杯いけそうな・・・・どうでしょう。


部屋は暖かくしているので座敷すだれも合うというのは異論はないと思います。


座敷すだれの専門店 おまかせ工房
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000101/



興味のある方は是非ご覧ください。