神棚には日本製のすだれを使おう 神前が明るくなります

中型サイズ用神棚ケースの御簾

https://item.rakuten.co.jp/omakase/misu_m3_02/

おまかせ工房ではいくつかの御簾を作っていますが、簡易タイプで神棚の周辺で使うにはちょうどいいものがありますので、今回はそのご紹介です。


中型サイズ向けの神棚ケース用の御簾ですが、いろいろな使い方ができると思います。

棚板の幕板があればその裏側に取り付けることもできます。

また、天袋などを利用した神棚設置場所の場合には、場所のアクセントとしても似合います。

とても明るくなります。


サイズについては特注寸法でも作っていますが、このような既成寸法に比べるとサイズオーダーの場合には若干割高になります。


取り付け方法についてはクギを使います、そのクギは付属してあります。

しっかり付けるには竹ひごの間から挿して留めるのが一番だと思います。



黄色く竹ひごを染めていることからわかるように、この御簾は神前向けになるので仏前では使いません。

もし、このような簡易版ではなく本格的な神前御簾や仏前御簾を作りたい場合には別のページで紹介をしてあります。




中型サイズ用神棚ケースの御簾 幅63cm下がり9cm
https://item.rakuten.co.jp/omakase/misu_m3_02/



興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

お座敷すだれの房の紐の結び方

座敷すだれがカビていたらどうするのか?

座敷すだれを生かすも殺すも金具次第って部分は否めない