お座敷すだれ 四分布二つ節通り節四方縁菊房銀いぶし平かぎ付No.7

四分布二つ節通り節四方縁菊房銀いぶし平かぎ付No.7

http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000142/


この辺の座敷すだれになると業務で使う人達が圧倒的に多くなって、家庭では余り見かけないと思います。


業務というには、お店ですね。


飲食店などが多いんですが、座敷のある部屋でお料理を出すところです。


お客も目利きが多いので調度品、備品も良い物を揃えておかないといけません。






金具については燻を使っています。

竹は2つ節の成長した竹を使ったいいとこどり。



この2つ節の御簾は幅広では作れませんので、本間サイズの幅95センチまでです。

長さ(下がり)については210センチまでであれば、鈎に収まります。



表も裏も加工をしていますので、間仕切り向きです。


一般に高い簾になればなるほど空間向きというか、間仕切り向きになります。


直射日光は当てないほうがいいでしょう。






お座敷すだれ・・・・四分布二つ節通り節四方縁菊房銀いぶし平かぎ付No.7
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000142/






興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

お座敷すだれの房の紐の結び方

座敷すだれがカビていたらどうするのか?

座敷すだれを生かすも殺すも金具次第って部分は否めない