お座敷すだれ 四分布二つ節通り節四方縁菊房宜徳平かぎ付No.6

四分布二つ節通り節四方縁菊房宜徳平かぎ付No.6

http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000141/


一枚のスダレの中に節が2つくるようにするのが、二つ節。


少し成長している竹がないと作れないので、二つ節になると値段が少し上がります。


上から下まで竹の節を揃えて、スラ~と見せるのが大きな特徴。



このふたつ節は、幅が本間サイズの95センチ幅ぐらいまでなら作れますが、幅の広い御簾になると節が揃えられないので作れません。



天然素材なのでそれは致し方ないことです。





座敷すだれで使う金具もちょっと良いものを使っています。


房にもこだわりがありまして、巻房、切り房など。


房については見た目が余り変わりませんが、金具については良いものを見ると、良いものが欲しくなります。


おまかせ工房では「カギと房」をセットで販売していますので、交換することもできます。


作るときに変更させることもできます。



その時には店長に聞いて下さい。





四分布二つ節通り節四方縁菊房宜徳平かぎ付No.6
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000141/



興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

お座敷すだれの房の紐の結び方

座敷すだれがカビていたらどうするのか?

座敷すだれを生かすも殺すも金具次第って部分は否めない