神棚の扉を開けて祀っているときには扉御簾があってもいい

扉御簾は3サイズから選ぶといいと思います

https://item.rakuten.co.jp/omakase/misu5565/

神棚の扉を開けている、閉めている、と分かれると思います。

開けている場合によく使われる扉御簾のご紹介です、この3サイズ以外にもサイズオーダーになりますが作ることもできます。

神札を丸見えにしない、したくない、でも扉は開けておきたい・・・・実に難しい注文です。

扉を開けているというのは習慣だと思います、風習というか習慣。


親が開けていたからそのまま祭っているというのは多いですね、それから人に聞いたら扉は開けておくと言われたとか。



御簾の取り付けは簡単です。

扉の裏側に取り付けますが、三社神殿の場合、それぞれの社に間仕切り板があるものとないものがあったりするので、まずはその板の確認。

つぎにその板が扉まで届くのか、手前まできているのかですね。

扉御簾の幅が関係してくる。



すだれというものは下が空いても気にしません、それはそれでOK。

ですので下がり寸法はさほど気にしなくてもいいでしょう、長すぎるより短いほうがいい。


幅です、やはり幅寸法で扉御簾を選ぶ。



神棚の扉につける 扉御簾
https://item.rakuten.co.jp/omakase/misu5565/




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

お座敷すだれの房の紐の結び方

座敷すだれを生かすも殺すも金具次第って部分は否めない

座敷すだれがカビていたらどうするのか?