鴨居の真下の凹凸の溝から垂直に掛けたいときに使う座敷すだれの金具

お座敷すだれの専用金具 アゼ長押掛け

https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000152/

今回は実に特殊な金具の紹介です。

座敷すだれの掛けたい場所の中で、もっとも少ない場所なのではないだろうか?という場所。

「鴨居の真下の凹凸の溝から垂直に掛けたいときに使う座敷すだれの金具」


鴨居部分に引っ掛けるのが一般的ですよね、これは襖の入るべき凹凸部分に噛ませる。

噛ませて真下に下ろす。

噛ませ具という言い方のほうがピンとくるかもしれない。


っで、小さな引っ掛けがあるので、そこへ座敷すだれの丸カンを掛けるわけだ。

こういう金具は特殊な金具です。 







実生活の中でここの部分に何かを掛けたいとは思わないだろうけど、座敷すだれを使うときに稀にある。

噛ませないと掛けられない場所だ。




お座敷すだれの専用金具 アゼ長押掛け
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000152/




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

お座敷すだれの房の紐の結び方

座敷すだれがカビていたらどうするのか?

お座敷すだれの修理材