お座敷すだれの保管の季節 乾燥剤を入れておきましょう

お座敷すだれの保管の季節 乾燥剤を入れておきましょう


今回の店長ブログは座敷すだれの保管について。

ちょうど涼しくなってきた頃なので、座敷すだれを保管している人達も多いと思います。

個人的には、一年中掛けておくものだと思いますが、普通の生活をしている家庭では冬支度をするので、夏物っぽいものは仕舞いますね。



仕舞うとき、袋でも箱でもなんでもいいんですけど、乾燥剤をいれておくといいです。


煎餅などに入っている手のひらサイズの乾燥剤、あれを一個入れておく。

カビませんよ。


でも、あれも一年おきには変えましょう。


また、季節が来たらサッと取り出して、その間にでも乾燥剤は新しく入手。



長く使える秘訣です。


もし、カビていたらそのまま日陰干し、その後「はたき」。


お座敷スダレは拭かないでください、拭いてはダメ。


「はたく」かないと、竹に汚れが詰まっちゃう。。。。。







お座敷すだれの専門店 おまかせ工房
http://www.omakase-factory.org/



興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

お座敷すだれの房の紐の結び方

座敷すだれを生かすも殺すも金具次第って部分は否めない

座敷すだれがカビていたらどうするのか?