お座敷すだれの醍醐味は竹の節と細さと繊細さ

お座敷すだれの専門店

https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000101/

サイズが同じなのに価格違う・・・こういうことはよくあるわけですが、慣れ親しんだものであればその差も自ずとわかりますね。

しかし、座敷すだれって普段から見聞するようなものじゃない・・・と思う。

違うがるようだけど、何が違うのかわからないことのほうが多いと思います。


ザックリ言うと、、、、手をどれだけ掛けられるか? ということになる。

おまかせ工房でも、この作業ができるようになるには何年ぐらいかかるというラインがある。

技術料かもしれない。


ともかくこのような手工業品は手がかかる。

作ってみるとわかりますが、全然、前に進めない工程などがあるんです。

面倒というか、手間というか、でも端折れない。


だから、掛けた時に何とも言えない空間ができるわけだ。



価格の見方としては、値段が上がれば上がるほど繊細です、これは画像だけでもわかる。

とはいうものの、みなさん予算があって選ぶことが多いので、おまかせ工房ではNO.4が最も売れている座敷すだれになります。



おまかせ工房 お座敷すだれの専門店
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000101/




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

お座敷すだれの房の紐の結び方

座敷すだれがカビていたらどうするのか?

座敷すだれを生かすも殺すも金具次第って部分は否めない