投稿

直射日光が強い場所にはNo.3の座敷すだれを使う

イメージ
陽射しの強い場所にかける座敷すだれhttp://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000138/

西日が強い、直射日光が降り注ぐ・・・そんな場所で座敷すだれを掛けたいことがあります。

そもそもそのような環境の場合には、天津すだれもあるでしょうし、よしずを使うってこともあるわけですが、座敷すだれではないと雰囲気が壊れてしまう場所もありますね。


安いものを使う、でも座敷すだれを使いたい、、、、こんなとき。


他の座敷すだれを直射日光に当てておくともったいないと思うわけです。

どうしても片面だけ日焼けしてしまう。


ただ、座敷すだれを軒下に掛けても、雨の日には使わないでください。

座敷すだれは屋外用ではありません。

濡れなければ大丈夫です。




和室には雰囲気というものがあって、しばらく住んでいれば物を置いたり散らかったりと生活感が出てきてしまうわけですが、新築当時の和室の雰囲気を思い出してみてください。


綺麗だったんじゃないでしょうかね。

そんな場所には和室に合ったものを置いておきたいわけですよ。


だから、すだれ一枚だって何でもいい、どうでもいいってことはない。


西日が強い場所、直射日光の場所などに置くものはみんなダメになってしまう。

それでも良いものを使いたいわけです、和室だから。

部屋の雰囲気を壊さずに御簾を使う・・・・・そのとき最高です。




陽射しの強い場所にかける座敷すだれ
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000138/





興味のある方は是非ご覧ください。

ひとつの空間を創り出す 神前仏前のすだれ

イメージ
神前御簾(しんぜんみす)・仏前御簾(ぶつぜんみす) http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000506/

特殊なすだれになります、神前御簾、仏前御簾。

神社や寺院では当たり前のように使いますが、家庭でも使うことがあります。

家庭で使う場合には小さなサイズになる。



押入れ、床の間、天袋などですね。

おまかせ工房でも全国の人たちからこのような場所に合うサイズの注文を頂きますので、それに合わせて作っています。


この御簾は作るのに時間がかかって、二週間ぐらいみてもらっています。

他の座敷すだれとは竹ひごなども違っていて、すぐにはできません。


4パターンから選ぶ。

縁の色が2パターン、竹ひごの色で2パターン。





なかなか普段は知らないものだと思います。

わからないことがあったら店長に聞いてみてください。


それと、こちらからも必ず電話などで内容の確認をします。

ともかく特殊なものですよ、身近にあるんだけどそうそうないっていうことですね。



神前御簾(しんぜんみす)・仏前御簾(ぶつぜんみす)
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000506/




興味のある方は是非ご覧ください。

幅を広げたり下がりを長くしたりサイズオーダーで作る座敷すだれ

イメージ
サイズオーダーで作る座敷すだれ http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000139/

このNo.4からサイズオーダーに対応しています。

座敷すだれの基準寸法は幅88cm下がり172cm、、、これは日本家屋の寸法です。


この寸法より幅広だったり下がり寸法の長さを長くしたり短くしたりするのがサイズオーダー。


大きくなったら大きくなった分だけ料金が上がりますが、小さくしてもそれほど料金は下がりません。

作る手間が余り変わらないからです。



まぁ、その分、安心して注文できるのではないでしょうかね、料金もはっきり明示しています。


こういう普段は意識をしない商品のサイズオーダーなんて一体いくらかかるのかわからないということもあることでしょう。







知っておいて欲しい点として、家庭で使う場合には座敷すだれの下は空いてもかまわないってこと。


写真撮影などの場合には真下まで下げますが、実際利用してみるとわかりますが、下が少し空いている方が閉鎖感というか閉塞感というか圧迫感というか、、、、そのようなものが無くなります。


だから、空いていてもいいんですよ、スダレの下は空いても良し。


だから鴨居の下から床まで180cmなら、サイズオーダーにしないで下がり172cmのままでもOKです。
7cm8cm空いていても良いんですよ。

10cmぐらいでも問題なし、、、、20cmは空きすぎると思う。




サイズオーダーで作る座敷すだれ
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000139/




興味のある方は是非ご覧ください。

長押の中で一発勝負で決める唯一の留め金具

イメージ
お座敷すだれの金具 http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000152/

長押を曲げる必要のある金具とでもいいましょうか、画像のように使います。


そのまま貼り付けるように使う場合には、相当鴨居が大きなときですね。

普通は折り曲げつつ鴨居に引っ掛ける。


くねくね曲げると折り切れる。

だから、、、、曲げるときには一発勝負で決めてください。


折るならクネクネで折れます。








お座敷すだれの金具
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000152/




興味のある方は是非ご覧ください。

不要なようで必要 ないと変です 座敷すだれの金具

イメージ
一番小さい座敷すだれ用の専用金具http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000152/

あるべきところにあるものがないと、なんだか変だなぁ~と思うときがありますね。

座敷すだれはクギでも留めてもとめられる。

しかし、クギで留めてしまうとせっかくの座敷すだれの見栄えが変です。


そんな小さなことは気にしないよと思ってみても、他人がみるとなんだか変だなぁ~と思うはずです。


例えば画像の留め金具は一番小さなもので引っ掛けるだけの目的で使うものですが、これを額縁を引っ掛けるようなものを使って座敷すだれを引っ掛けるとおかしい。

ならば、座敷すだれを引っ掛ける金具で他のものを引っ掛けても変。


不思議なもんですよね。






こういう金具も作ってくれる職人が減ってきた。

手作りの金具です。



一番小さい座敷すだれ用の専用金具
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000152/




興味のある方は是非ご覧ください。

たまにしか使わないのはもったいない お座敷すだれ

お座敷すだれは一年中使えます
ちょうど12月になったということで大掃除などをする季節ですね。

今年も多くの方々にお座敷すだれを出荷してきましたが、すだれと聞くと初夏から夏にかけて使うものと考えがちですけど、お座敷すだれについては一年中使います。


冬でも使う。

しまったりするとカビてしまうこともある。


麩を閉める部屋で掛けっぱなしにしておくときには中吊りにしておく、そのために鈎が付いている。


空気の流れのあるところで使っているほうが長持ちしますよ。 


お座敷すだれの専門店 おまかせ工房
http://www.omakase-factory.org/




興味のある方は是非ご覧ください。

お座敷すだれの修理・価格・期間などについて

お座敷すだれの修理について おまかせ工房には座敷すだれの修理依頼の連絡がたまにあります。

以前もこの内容で記事を書いたことがありますが、おそらくどこの店でも自分のところの商品以外はしないと思う。


少し話を聞くと、「昔に買った店がなくなっているから困っている」ということがとても多い。



どこで買ったのか?と聞くと、量販店が最も多くて、いや、ほとんどがホームセンター。

だったらそのホームセンターに連絡をしてみたらどうですかと聞けば、そこのホームセンターで修理不可能と言われたという。

要するにホームセンターに卸していた業者がなくなっているという話。



稀なケースとしては、簾屋が地元にあってそこで買ったけど今はもうない、という場合かな。

もともと簾屋というのは少ないわけでして、専業でやっているところは皆無に近い、ほとんどが兼業だよね、他の事をしつつ御簾の製作をするみたいな感じ。



ホームセンターで買ったのであれば、それほど良い御簾ではないと思う。

量産タイプの一番売りやすい価格帯のものじゃないと量販店には並ばないはず。

売る方も修理のことなど考えないと思うし、買う方も考えていないんじゃないかな。



どうして他店のものを修理しないのか?と言えばこういうことです。

同じ素材がない、修理途中に破損したら替えがない。

そして修理費は本体より高くなると思う、特に量販店で買ったものであれば一枚一万円前後のすだれに後から補修などで手を加えてはね。



これも稀にあるんだけど、昔から使っていた座敷すだれの修理という話もあって、この場合にはとても良い御簾です。

おそらく一万5万円~10万円前後はしていると思う。

このぐらいの金額のものであれば修理費をかけても直したい気持ちがある。

これもできないんですね、理由は前記の通り。



結論としては、買ったところに依頼する、これしかないと思う。




御簾の専門店 おまかせ工房
http://www.omakase-factory.org/




興味のある方は是非ご覧ください。